上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 太りすぎのからだを標準体重に、あるいは標準よりも少しだけ少なめにしたいというときに、まず気をつけなくてはいけないことは、拒食症や過食症などの摂食障害におちいらないように十分気をつけるということです。
 摂食障害の原因はまだはっきりわかっていませんが、自己流のダイエットや、食べては吐くことを繰り返すといったような無理な方法でのダイエットがきっかけになると考えられます。食べてから、吐くというのは、食事に対する脳の生理的な反応をこんらんさせます。それがくりかえされれば条件付けができてしまい食事を取るとしぜんに嘔吐するいうような反射が起こっていることも考えられます。
 また、ある程度の期間、からだの血液中のタンパク質が低い状態がつづくと、内臓とくにすい臓などの機能が低下し、食事が取れなくなるという状態に陥ります。すると、こんどは食事をとろうとしてもからだの方でうけつけなくなり、病的で極端なやせの状態になってしまいます。 正しいダイエットの知識をもって、健康的な状態をめざしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2007/04/10 | 太っている原因がわかればやせかたもわかる! | 今すぐやせたい。そんなあなたに緊急のお知らせがあります。 ▼即やせ可能“ダイエットマニュアル”その全貌を公開! からだのしくみを見事に応用した禁断のノウハウがついに解禁です。 食べてもやせるには実はこんな理由が隠されていました。 ダイエット失敗者でもリバウンドなくやせる理由が、そこにはちゃんと隠されています。 確

2007/04/12 | ダイエットのココロ | タンパク質とは... タンパク質蛋白質(たんぱくしつ、タンパク質)とは、プロテイン (protein) ともいい、L-アミノ酸が多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。学術用語としては、「蛋白質」という漢字表記は用いず、「タンパク質」と表記する。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。