上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日も書いたように、肥満解消のためのダイエットのページは山ほどあり、その大部分はつまらないものであるが、その理由はダイエットの原因がさまざまであるということを無視していることである。
 肥満の原因は基本的にはカロリーのとりすぎで、消費カロリーより摂取カロリーが多ければ、あまったカロリーは、中性脂肪となって、おなかの周りについていく。かくれ肥満やメタボリック症候群の人は内臓により多く脂肪がたまる。
 ここ4~5年の医学上のトピックは、脂肪細胞がたんに飢餓のときのエネルギーの貯蔵としての役割だけでなく、いろいろな生理活性物質(いろいろな細胞から分泌される、からだの代謝や免疫などに影響する物質をひっくるめてこうよぶ)がたくさん分泌されるようになり、それが肥満や高血圧、糖尿病、動脈硬化をひきおこす原因になっていることが明らかになってきたということである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2007/04/08 | 太っている原因がわかればやせかたもわかる! | 100kcalの消費を50kcal分の運動で行う 代謝を上げれば体脂肪が燃える、消費カロリー倍増で食べてもスリム!98%の女性がリバウンドなく痩せた!美容と健康を維持して痩せなきゃ意味がない!!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。